2013年08月28日

北原町アニメ四つ角コラム

「運動不足」  社会人になってから忙しいと運動不足になることを知った。学生の頃は忙しいといえば部活だったからもちろん運動不足どころかへとへとになった。でもその代わりすごく健康的だった。なんてったって学生の本分は部活動だ(あれ、勉強だったっけ?)。大学の時は部活はやっていなかったけど、夏休みと冬休みにずっと工事現場でバイトをしていたから、やはり仕事が忙しければ忙しいほど疲れるけど体は鍛えられた。  しかし社会人になって働き始め、そしてその仕事の本当の忙しさを知ったとき、全く運動という意味で身体を動かす時間が無いことを痛感した。いや厳密に言えばないわけではないが、そういう時間があれば1分でも1秒でも寝ていたいのだ。僕はそれは不健康だと思う(あたりまえだよ)。  僕は運動するのが好きだ。本当はいつも身体を目一杯使って過ごしていたい(この仕事向いてねーな)。僕はどうにかしてこの相克を解きたいと思っているのだけど、何かいい働き方はないものか、これは恐らく世の中の多くの人の悩みではないかと思う。  僕は仕事が忙しいことは決して悪いことではないと思うし、もし自分が没頭できる仕事に出会えたらそれは素敵なことだとも思う。しかし、精神的な疲れのみが蓄積し、肉体は逆になまっていってしまう。果たしてこのような社会が正常だろうか。  現在、ジムに通っている人やジョギングを日課にしている人がいかに多いことか、僕にはそれは、仕事で疲れきった精神とそれによって特に負荷を受けていない肉体とのバランスを保つために、肉体の方も程好く疲れさせるための作業に見えて仕方がない。  僕を含む人々が現在普通に行なっている「運動不足解消」という行為、それ自体がすでに現代社会の問題を露呈しているのではないか。今、労働の本当の姿が問われているのだと思う。  労働とは本来、それを行なうことにより心と精神と肉体を疲れさせる。それと同時に充足感を与えてくれるものなのではないだろうか。その充足感の中には経験の蓄積による智慧の獲得や、それによって明日の鋭気を養うことなどが含まれているのだと思う。今日の僕たちは労働のあり方について今一度、一から見つめなおす必要があるだろう。 四つ角の番人
ekuraanimal.png
posted by アニメ制作会社エクラアニマル at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/152089192

この記事へのトラックバック